指揮者や
トレーナー

当団の常任指揮者

津田 雄二郎 氏

 
1980年、東京藝術大学卒業。
米国カーチス音楽院に聴講生として学ぶ。

指揮をH・リリンク、湯浅勇二、
シューマッヒャー、故K・レーデル、
故佐藤功太郎、大友直人、外山雄三各氏に師事。


J.S.バッハ「ヨハネ受難曲」「マタイ受難曲」「ロ短調ミサ曲」「クリスマスオラトリオ」
他多くのカンタータ、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」「ハ短調ミサ」
他多くのミサ曲、ベートーヴェン交響曲第九「歓喜の歌」を演奏した。


現在、当楽団の他、The Signs of Bach、バッハアンサンブル富山、モーツァルト記念合唱団、葛飾吹奏楽団、
アウローラウインドオーケストラ等の常任指揮者、国分高校吹奏楽部顧問を務める。


また、天理第九管弦楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、
古楽オケのムジカ・レセルヴァータ、富山室内合奏団、東京ハルモニア室内合奏団、
アレッシセミナー、船橋市千人の音楽祭、アンサンブルリベルテの指揮者を務めた。
1986年より市川交響吹奏楽団を全日本吹奏楽コンクールにて5年連続の金賞に導いた。
Tb:ジョセフ・アレッシ Tp:クリストファー・マーティン Hr:アダム・アンスワーズ
Pf:館野泉 Euph:外囿祥一郎各氏らと共演した。
音楽講演を行っている。


このたび、我が団の常任指揮者である津田雄二郎氏がブログを開設されました。





過去にご指導いただいた方

奥田 恵悟 氏

1976年6月生まれ。小学生時代は野球を中心としたスポーツ少年だったが、
中学時より吹奏楽部に入り、音楽家を志すようになる。
東京音楽大学音楽学部器楽科卒業後、東京音楽大学指揮研究生修了。
指揮を広上淳一、汐澤安彦、三石精一、土田政昭の各氏に師事。
またピアノ、音楽理論を広瀬宣行、伊藤節子、トランペットを林昭世、大関民弘の各氏に師事。
2000年にルーマニア、トルグムレッシュで開催されたコンダクターアカデミーにおいて代表者に選ばれ、
トルグムレッシュ国立オーケストラにて、ベートーヴェン交響曲第7番を指揮し喝采を浴びる。
2003年、2004年と、イタリア、シエナのキジアーナ音楽院で
指揮をジャンルイージ・ジェルメッティ氏に師事し、
オペラやシンフォニーなどを学ぶ。
その結果、いずれの年も実力を高く評価され、ファイナルコンサートの指揮者に選ばれる。
コンクールの分野では、2003年11月に行われた東京国際音楽コンクール指揮者部門にて入選。
2005年4月にはデンマークで開催された、ニコライ・マルコ指揮者コンクールにて3位に入賞している。
これまでに、山形交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、
オーデンセ・シンフォニーオーケストラ(デンマーク)などを指揮している。



杉尾 陽子 氏

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ科卒業。
第3回P.I.Aピアノコンクールにて入賞及びザイラー賞受賞。
同コンクール入賞者演奏会出演。
第11回日本ピアノ教育連盟オーディションにて奨励賞受賞。
フレーヌ音楽祭にてO.Gardon氏マスタークラス参加。
ピアノを徳丸聡子、指揮を紙谷一衛、声楽を牧川修一、室内楽を村上弦一郎、
末吉保雄各氏に師事。
現在、指揮、伴奏ピアニスト、合唱指導、演奏会の司会などで活躍中。



団 長

 団長 土居 和良

 アウローラ・ウィンド・オーケストラのウェブサイトへようこそ。
この楽団はコンクールに参加することもなければ、後援を受け活動しているわけでも ありません。
だからこそ自由に、参加する我々みんなが楽しめるコンサートを作り上げていくこと ができます。それが「お客様に幸せなお気持ちでお帰り頂けるコンサート」に繋がっていけば尚楽 し。
津田先生のご指導の元、新しい仲間がどんどん増えていっています。

「演奏する者が楽しんでこそ、お客様に楽しんで頂ける。それこそが音楽だ」
津田先生のお言葉です。
これからの趣向を凝らした企画にもどうぞご期待下さい。
一緒に楽しめるメンバーも大募集中です。





このページのトップに戻る
指揮者やトレーナーの紹介

常任指揮者

 当団の常任指揮者

トレーナー

 当団のトレーナー

団長

 当団の団長です。

ホーム

ホームページに戻ります。